カートをみる マイページ ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

根室バードランドフェスティバルに参加しました。

こんにちはベルボンダイレクトの又平です。先日北海道の根室に行ってきました。

釧路発の根室行きの電車、ここから根室まで二時間半、北海道広い!

ここまで来たのは「根室バードランドフェスティバル2017」に参加するためです。会場を中心に様々な野鳥の観察ツアーが楽しめるイベントなのですが、なぜここでそんなイベントが開かれているのでしょうか、ご存知の方も多いかも知れませんがここ根室では世界でも貴重な野鳥が観察できる有数のスポットなのです。と、いう訳で仕事の前に貴重な野鳥を撮りに行ってみましょう。私、野鳥撮影はてんでダメなので上手く撮れるか不安ですが。

目の前が風連湖、全部凍ってて見渡す限り真っ白、北国ならではの光景です。

来たのは風連湖沿いにある道の駅スワン44、ここは湖沿いに前面ガラス張りになっており屋内からでも快適に野鳥の観察が可能で、もちろん外に出れば更に近い距離でワシなどが撮影できます。では早速撮影をしていきましょう!被写体はオジロワシ、オオワシ、トビなどの猛禽類。中でも目当てはこの辺りでしか見られないオオワシでしょう。

珍しいハズの猛禽類がものすごい数飛び交っています。

撮影機材は今の流行りとも言える150-600mm高倍率超望遠ズームレンズ+キヤノン70D、借り物です。三脚はビデオ用雲台を取り付けたカーボン製三脚です。

翼が切れてる、飛んでいるところはなかなか難しいです。
ちなみにこれがオオワシです。
こっちはオジロワシ、枝に止まってれば
ピントも露出もしっかり見てバシッと撮れます。
完璧ですね、前に枝が入ってなければ。

被写体とシャッターチャンスが豊富なので撮りまくれます。数打った結果、シロートなりにいい感じで撮れているのではないでしょうか。

さて、バードランドフェスティバルでは会場からバスで近隣のスポットへガイド付きで案内してくれるツアーが複数開催されています。撮影スポットにはハイドと呼ばれる観察小屋が設置されており鳥にも人間にも優しい環境で撮影や観察を楽しめます。

これがハイド、要所要所に配置されています。
詳しくは根室観光協会で調べて見て下さい。
海鳥を撮りにツアーへ参加したらアザラシが。
あと、ラッコも見ました。ちゃんと海鳥も見ましたよ。

遊んでいるように見えますがお仕事で来ております。一応、というかメインの活動は会場での機材展示と販売をしていましたよ。

準備中の様子
地元の団体やお店がいくつも出展しています。



隣には光学メーカーの興和光学さんが出展。
鳥をやるなら三脚よりもまず双眼鏡、
ちょっと良いものにするだけで見る楽しさが全然違います。
コーワさん、テンション高いっすね。

と、まぁこんな感じのイベントでした。今回野鳥撮影に使用したビデオ雲台ですが、開発中の試作品を持ってきて試用しています。

試用中の様子

この、おニューのビデオ&スコープ用雲台は2月23日から開催されるカメラ展示会CP+2017でも展示予定です。実際に手にとって動作を確認することも出来ますので、是非見に来てくださいね。

私が雲台を使った感想は一素人の意見として設計部へ報告されています。
良いものができるといいなぁ

ページトップへ