カートをみる マイページ ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

パワークランプ製品紹介

こんにちは、ベルボンダイレクトの又平です。今回は先日販売が開始された台湾メーカー「モバイルキャッチ社」のパワークランプを紹介します。

このパワークランプ、二種類あって強力に取り付けできる
「キングオブキングスエディション」が三色

やや小型で形状的に板などへの取り付けが得意な
「ブラックエディションプロ」の二種類があります。

このクランプ、サイドのネジを回していくと普通のクランプと同様に閉まっていきます。

ここを回すとクランプ部分が締まっていきまして…
こんな風に食い違いうように締まっていきます。

最大の特徴は三脚のように三本に分かれたクランプ部分が交差するように閉じていく事で細いパイプなどもしっかりとホールドしてくれるんです。

鉛筆に取り付けてみました、見事にガッチリくっつきます。

従来のクランプだと両側から挟むだけなので使っているうちに緩んでいって取れてしまうんじゃないかと言った心配をすることがありましたがパワークランプでは万が一クランプが緩んだとしても挟む部分が交差しているので載せている機材もろとも落っこちてしまうという、最悪の事態を回避できるんです。

緩んでしまっても鉛筆が落ちる事はありません。

もちろん板状のものにも取り付けられますし、先が細いので意外と繊細な形で取り付けすることも可能です。

板に取り付ける場合は奥まで差し込んで
三点で接するようにすると安定します。
 
ブラックエディションプロなら細身で
ペットボトルの先もしっかりくわえるので
安定してがっちりと取り付けられます。

しかも、雲台の取り外しも可能なので雲台による角度調整が要らない時に外す事も出来ます。

雲台は一般的なUNC1/4で付いています。
 
上がブラックエディションプロ、下がキングオブキングス
最大まで開くと両方とも75mm程度まで広がります。

キングオブキングスはパイプなどの丸いもの向け、ブラックエディションはシュッとしているので板ものに取り付けるのに向いています。ある程度なら上の取り付け例の様にキングオブキングスでも板などに問題無く取り付け出来ます。

更にスマートフォンホルダーも付属しているのでカメラ以外にもスマホなども取り付け可能。撮影だけでなく、色々と使用用途が広がってきますね!

ホルダーには二か所ネジ穴が付いています。
こんな風にスマホを取り付けられます。

工夫次第で色々なところで使えそうですね。パワークランプへ載せる機材はカメラならミラーレス機+単焦点レンズ位まで、取り付けた際の安定性は自分でしっかりと確認して使ってください。あ、あと三脚みたいになってるからってクランプで固定せず置いて使おうとするとコケるのでちゃんとクランプで挟んで使いましょう。

お ま け


実際の撮影でちょっと使ってみました。

こんな風に超ローアングルで見上げる構図の時
ライブビューでも画面を確認し辛いですよね。
リモートライブビューは各カメラメーカーが
アプリを提供したりしてます。

こんな感じに地面すれすれから見上げる撮影をする場合、スマホのリモートライブビューで構図を確認しながら撮影する際のスマホの固定に使ったり…

スタンド無しでオフカメラストロボが出来るのは便利。
もちろんクランプ出来る場所があれば脚以外にも付けられますよ。

ストロボスタンド無しで気軽にオフカメラストロボで撮影したり。

撮影以外にもスマホを使用するシーンでも活躍します。製造元としてはむしろこっちがメインです、メーカー名がモバイルキャッチですからね。

レシピを確認しながらお料理したり。
 
車のヘッドレストに取り付け、走っている時に見過ぎると
酔っちゃいそうです…
自転車に取り付け、走りながらいじるんじゃなくて
ナビアプリなどを見る為に、ポケモンも探しやすそうです。
飛行機や新幹線などの狭いテーブルでも
スマホを卓上に置かずに済むので広々使えます。

いかがでしょうか、色々な場所で活用できるパワークランプ、三脚撮影との相性も良いので是非皆さんも使ってみてくださいね!

※画像をクリックするとそれぞれの製品ページに飛びます。